ようやく開始する時という場合には何をおいても事前準備を怠ってはならない。取引を始める前、出来事を論理的に見つめる事のできる余裕がある。しかしながら、ひとたび取引の内部へ足を踏み入れると、何をしても見え方が偏ったものになる場合があり時にはしっかりとした見方ができなくなる不安があります。だからこそ自分の考えが理性的な時にしっかりと事前準備が必要です。準備のためには、まずは自分だけのシナリオを作成する事から始めます。明日からのあの通貨は下がる(または上がる)からランドを勝負するみたいに、あなただけのシナリオを立てていくのだ。次は時間足チャートをチェックする事です。それまでのマーケットの上がり下がり確認して、今現在のチャートを確認する。すると、「現時点では結構高すぎる状態になっている」「多数の方々が買い(あるいは売り)に動いているからこれから買い(または売り)してももはや遅いな」などと分かってきます。もはや売買するのが遅いと感じたら、仕かけないで、そこはすっぱりと吹っ切ることが肝心です。どう試みても自分自身のストーリー展開を妥協しないで無理やり新しく注文すると市場に押し返されてしまいかえって損害を受けることになる危険があります。ただし多くの場合、事前に準備しているあなたなりの筋書きを思い描いていれば、仕かけるのが手遅れという状況にはなることはありません。たぶん、明確に外国為替市場が動意づく前の状態のはずだからです。次に、差し当たりあなた自身がエントリーしようと決めている売買ポジションの変動をきちっと点検する事が大事です。仮に円安になると予想する台本を作成したのであれば該当する通貨の推移に注目しておくことだ。外国為替市場の上げ下げを気をつけ始めたときではまだまだドルは明確に推移する気配を見せないで上がったり下がったりちょっとした上げ下げをしているだけでしょう。しかしながら、その変化をちゃんと気をつけていると、ある地点でゆっくりと、ドル高の方向へと市場が動き始めてくる。このタイミングで初めてドル買いのエントリーします。通常は、周到に事前の準備をすれば、その注文で勝つ可能性は高まるはずだ。