FX(外国為替証拠金取引)の投資についてのターゲットは、各国の公式貨幣なのです。流通通貨について勉学で培ってみたいと思います。・貨幣には「基軸通貨」という名でよばれているものがございます。基軸通貨とは、国と国での決済そして金融の取引について中心的に活用される流通貨幣のことを言い現時点はアメリカドルです。往年は英ポンドについて基軸になる通貨でありましたが米ドルになったのであります。・FXを使用して取引きされている流通貨幣の種類は、他で言う外貨投資に比べてみてとても多いというのが特徴でしょう。FX業者間によって、、取り扱う流通通貨の種類に関しては、異なっていますが平常では約20種類ある様子です。その中でも変動が大きくなっている公式貨幣をメジャー通貨と称します。動きが大きいというのは売り買いが盛んに行われており通貨のビジネスがしやすいという事を意味します。主とされている公式通貨には上記において述べた基軸の通貨であるアメリカドルに、¥(日本円)¥(円)、EUROの3種があって、世界三大通貨と称されています。豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と呼ばれております。変動性が少しの通貨はマイナー通貨と称されて、相当に国力や経済に関するパワーが弱い国の流通貨幣で、南アフリカランドやシンガポールドル、メキシコペソなどが主要な通貨においては、物流している規模が多いので値の高安が一定水準で、ニュースの数もたくさんあるようです。マイナー通貨に関しては利子が高値な通貨であるの多いというのがあるので値の変動が激しいそうです。値の乱調が大きいという事に関して、絶大なもうけを頂くチャンスがありますが儲けがある分リスクの恐れも大きくて冒険事があります。そして変動性が弱い公式貨幣ですので、終了を求める時に限って決済が不可能なと考えられる事があるでしょう。どの種類の通貨をよりすぐるのかという事については、ケースバイケースの貨幣の性質をしっかりと検証してから実践する事は不可欠であると思いました。