「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売買して利益を生む取引です。売買の値はいつも上がったり下がったりします。それが為替です。テレビを見ていると、ドル円やユーロ円のマーケットの情報が流れる場合があります。よくあるのが「ドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表示しています。つまり、FXには買値と売値の値が存在している事を表しています。売値、買値の事を別の言い方で表示しているFX取引会社も存在しています。通常は売値の方が買値よりも安価に設定されるものです。実際に買値は高く、売値は安くなっています。その差額をスプレッドといい、FX取引会社の収入の一部になっています。スプレッドはFX取引会社によって変化します。スプレッドの幅は利用者にとって出費になるので、狭いFX取引会社をセレクトするほうが有益です。ただ、同じFX業者でも状況に応じてスプレッドの広さは変動します。もしも通常は円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドであるとしてもレートの動きがかなり激しいケースでは広くなったりする状況があります。なので、スプレッドの幅が狭いのと同じくらい変化が小さい事が大切です。最近では固定したスプレッドを提示するFX業者もいくつもあったりします。リアルに業者の売り買い画面の上で現実の為替相場を見て確認しなければ区別できないので億劫ですが、大切な事です。貴重な財産を預けてトレードをしますので、売買の前に興味がある業者の新規口座開設を遠慮せずにして提示されているスプレッドの広さを見ておきましょう。同じ通貨でもそのときの外国為替市場の状況によって外貨のスプレッドは変わることがあります。普通は、インターバンクで流動性の高いペアではスプレッドが狭く、この他の外貨ではスプレッドの幅が広がる事があります。