ノートパソコンの画面の前に座りいつも上がったり下がったりしているマーケットを見ると、どことなく取引をするという衝動が生じる人も多いと思います。しかしながら、ぼんやりした直感で売買することは断じてしてはいけません。事実、マーケットは年中、どこかの為替相場はやっているし、相場も、変化しています。しかし、だからといって売買をしていると、それだけ損をする確率が高まってしまう。当たり前ですが、トレードの数を積む事で、じょじょに利益を上げられる可能性が五分五分になるのは事実。でもそれは「なんとなく直感でエントリー」とは話が違います。売買回数を増やす事の意味は、自分で「ここで勝負」と思える勝算を得られたところでのトレード回数を積み重ねるという意味である。格段の理由がなく、ひっきりなしに注文を積み重ねるのとはかなり異なります。外国為替相場の駆け引きにi挑むには、己で深く考えて緩急をつけることが大事だ。「ここがチャンス」と考えた市場の時には覚悟を決めて持っているポジションを積み増して徹底的に儲けを求めます。「少し難解な外国為替市場で、どう上下するのか思いつかないな」と思い至った時は、諦めてポジションをひとつも残さないで見切りをつけて放置します。それくらいのけじめをつけた方が取引はうまくいきます。外国為替市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。実にその通りです。相場とはいつでもポジションを保有する事が大事ではなく売買ポジションを所持せずじっと見ていることも相場です。それならば、どういう場面で、休むといいのでしょうか。ひとつは、前述したように、現在の為替相場がしっかりと良く見えない時です。今からどちらにいくのか決める事が出来ない時は、考え無しで行動すると、あなたの書いた物語とは反対の方向にマーケットが向ってしまい損をする事になります。だから、このようなケースではポジションを0にして何もしないで静観しているのがいいと思います。2番目に、己の体調が悪いときです。体の具合と外国為替相場に関係性はないと思う投資家もいるだろうが。実際には意外とつながりがあります。コンディションが変な時は外国為替市場のミスできない局面で、落ち着いた決定をする事が難しくなります。関心がわかない時は外国為替相場から目をそらす事も肝心な事です。