為替介入(外国為替平衡操作)というのはご存知ですか?日本銀行が為替介入をして新聞、TV、インターネットの記事で目にした人もいると思います。元来為替介入(外国為替市場介入)とは日本においては、◯財務大臣が為替の安定性を保つように用いるやり方ということで使われています。簡単に言えば、急激な円高や円安になった際に財務大臣の命令をもとに日本銀行が日本円の売買をして円相場を安定させるということです。外国為替平衡操作(為替介入)にはいくつかやり方があるのです。1.単独介入・・・政府・日本銀行が、東京での市場で自らが市場に参入して為替介入をする。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが協議のうえで、各々の通貨当局の資産を駆使してタイミングを合わせてまたは少しずつ為替介入を行なっていく。3.委託介入・・・海外の通貨当局に対して為替介入(外国為替平衡操作)を委ねる。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他国の通貨当局に代わり為替の介入を執行する。こういったやり方があります。どのケースの為替介入も短期に、もしくは連続的に為替の市場に多大なインパクトを与えるはずです。為替介入(外国為替市場介入)の金額は当然国の威信をかけているのですから桁違いです。円を基本にして例えると、通常は数銭ずつ変動している為替相場が不意に数円の動きをします。個人で投資をしている人でしたら経験していると思うのですがそれまでは順調に含み益(または含み損)が増加していた保有高を保持していたところで、持続しているポジションが決済しましたと報告が外国為替の会社からメールが届き・・・どれだけ利益が出たのかな(損益が出たのかな)?と気にしながら決済後のデータを見たら、自らが想像していたのとは逆の内容になりびっくりしたとのパターンがあるのです。為替の介入が行なわれるとよく聞く話なのです。為替介入を施行すると為替の市場の動向とまったく反対の変化をするものです。動く額の大きさはかなり大きく動きますので気をつけましょう。